脱毛にの種類について

バナー

脱毛にの種類について

脱毛にはいろいろな方法や種類があります。


一番身近なのは、自己処理です。
毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったり、ワックスや脱毛クリームなどを使うという方法です。

家庭用脱毛器を使う人もいます。

自己処理は自分の時間に合わせてできることや比較的安価な事などで選ぶ人が多いです。

しかし、自己処理は肌トラブルが多く埋没毛や色素沈着などを起こしやすいのでケアをするときには肌に傷をつけない、無理に毛を引っ張らない、保湿をしっかりするなどの注意が必要です。
サロンやクリニックに行くという方法もあります。



光・レーザー・ニードル・ワックスなどの方法があります。
サロンやクリニックの場合、毛の生えかわりの周期に合わせてある程度の回数は通わなくてはいけません。


金額も自己処理に比べると高額なことが多いので負担になるという事がマイナス点です。



その代り、だんだん毛が生えなくなってきて処理が楽になってくるという利点があります。長い年数をずっと自己処理を続けるよりは肌への負担がかかりにくい事はプラスの面だと言えるでしょう。
ある程度の回数で毛が少なくなってきたりほとんど生えなくなってきたりという状態になるので金額面でも負担がずっとかかり続けるという事ではないのです。自己処理もサロンやクリニックに通っても、どちらもケアの前や後にはしっかりと保湿をすることが大切になります。



乾燥している状態で脱毛することは肌への負担が大きくなりトラブルが起きやすくなります。
脱毛後はさらに乾燥しやすい状態になるのでしっかりと保湿ケアをすることが必要となります。


Copyright (C) 2016 脱毛にの種類について All Rights Reserved.