光を利用した脱毛の仕組み

バナー

光を利用した脱毛の仕組み

ふくらはぎやわきの下などに生えている体毛は、ムダ毛と呼ばれており自然なままの状態で放置するのは見た目を損なうという価値観が主流となっています。


このために、定期的に手入れをしなければならないのですが、シェーバーや毛抜きによる自己処理を行うと皮膚を傷つける等のトラブルを引き起こす危険があります。



このために、現在ではプロに任せるのが一般的です。
なお、ムダ毛の処理を業務として提供しているのは、エステティックサロン等の美容施設と美容クリニック等の医療機関が代表的です。


これらの専門施設で実施されているムダ毛処理の方法は、光を利用した施術が主流です。

ちなみに、美容施設で行われているのはフラッシュ脱毛という名前で、美容クリニックで行われているものは医療レーザー脱毛と呼ばれています。
いずれも同じ仕組みでムダ毛を除去するのですが、使用する脱毛器の出力が違っており、呼び方も違っています。



この光による施術は、それ以前に行われていたニードル脱毛と比較すると、短時間で完了するうえに痛みが少ないということが特徴です。


具体的な仕組みは、ムダ毛のメラニンに光を吸収させることにより発生した熱の力で、毛根にダメージを与えてムダ毛の成長を阻害するという内容です。



これにより、毛根が元の状態に回復しない限り、ムダ毛が成長することはありません。

唯一の難点は日数がかかるということですが、無理をしない分、安全性も高くなっています。

Copyright (C) 2016 光を利用した脱毛の仕組み All Rights Reserved.