脱毛の仕組みについて

バナー

脱毛の仕組みについて

脱毛は、主にエステサロンで行う光脱毛と、医療機関で行うレーザー脱毛があります。

施術は、どちらもケアをしたい部位に光やレーザーを照射して行います。脱毛の仕組みは、毛の周期に合わせて照射することで徐々にムダ毛を薄く、細くしていきます。


毛は成長期、休止期、後退期の3つのサイクルで成り立っています。



光やレーザーは黒い色にのみ反応するように作られており、今生えている成長期の毛のみにダメージを与えることができます。



そのため、お肌へのダメージを最低限に抑えることができます。

回数を重ねる度に自己処理のいらない状態になり、最終的には毛穴レスの美しいお肌になる期待がもてます。

毛の周期は2ヶ月から3ヶ月のサイクルになっているため、施術には2ヶ月から3ヶ月空けて通うのが一般的です。通い続けやすい場所にあるサロンやクリニックを選ぶことが大切です。

光やレーザーを照射できるのは基本的には全身で、VIOラインなどのデリケートゾーンのケアもすることができます。



ほくろやシミなど、色の濃い部位にはシールなどをはって保護するため、安心して施術にのぞむことができます。
自己処理を続けていくと埋もれ毛やお肌をいためてしまい、黒ずみの原因にもなってしまいます。エステサロンやクリニックで施術を行うことで自己処理でいためてしまったお肌の回復やうもれ毛の改善も期待できます。

カウンセリングは初回無料のところも多くありますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 2016 脱毛の仕組みについて All Rights Reserved.